「太いと痛い」みたいな自分のあどけない先入観に反して、私はいきなり快感を感じた。言ってみればその時点でもう何十分もの前戯分に相当する興奮と期待と快感とスリルを精神で味わっていたせいかもしれないが、彼の長く太いペニスが私のヴァギナをきっちり埋め尽くし、あらゆる快感ポイント ー なんとかスポットと呼ばれるようなアレだ ー を同時に満遍なく刺激するわけだから、後から考えれば何も不思議はなかったのだが。それでも、セックス・プレイヤーとしてはまだまだおこちゃま程度だった私には、同年代の男子たちの平均的なペニスによる平均的な快感と比べて段違いに大きいものだったその快感は、私をその後巨根フェチ、肉体美フェチ、オス力フェチにしていくのに十分なものだった。



挿入してから後のことは、実はあまり記憶がない。頭が真っ白になった状態の合間合間に、ちらっちらっと細切れの映像と体感で、膝を曲げて突っ伏した状態でバックから突かれている自分、彼の上にまたがった状態で下から突かれている自分、うつ伏せで脚を伸ばした状態でお尻の後ろにまたがった彼から突かれている自分を飛び飛びに意識した瞬間瞬間があったのみだ。とりわけ長く続いていた気のするうつ伏せ寝バックの間に、何度か隣のベッドのCと目が合い、なんだかいたずらっぽい目付きで舌なめずりするような微笑み顔でこちらを見物している彼女の表情がむしろ記憶に強く残っていた。



何度目にイかされた後だったのか、気が付けば私はうつ伏せのままシーツを掛けられて寝そべっており、目を開けると隣ではCと彼が激しい騎乗位を展開している最中だった。そこで私は、このセッションの真価を、Cの意図したであろうことを、こういうプレイのもたらす興奮の力学を悟った気がした。セックス中の「私」は快感に身を狂おしく躍らせる自分を見ることができない。でも、こうして友人の ー なんなら自分とよく似た体型を持つ友人のセックスする姿を見ていると、まるで自分のセックスを自分で眺めているような同一視の錯覚を楽しむことができる。逞しく美しい体の男の上で身をくねらせるCは先ほどまでの私なのだ。男がどれだけCの ー そして私の ー スポーツで鍛えた引き締まった体を賛美し賞味しているかが目の当たりに分かる。男の割れた腹筋に置かれたCの手のひら、下からCを突くにつれて筋の浮き出る男の尻と太もも、ウエストから尻に向けて理想的に立体的な曲線を描くCの体の美味しそう感... さっきまでCが見ていたはずの絵図を、今度はCが私に見せてくれているのだ。



する内、失神から覚めた私に見られているのに気付いたらしきCは、自分から彼を促すようにしてハイ・ペースで体位を変えていった。騎乗位から四つん這いの女性上位へ、彼の上から降りると四つん這いのバックへ、そのまま脚を伸ばしてうつ伏せ寝バックへ、仰向けになって正常位へ、脚を高く上げて足首を掴まれた姿勢に、さらに深く体を曲げて屈曲位に ー そしてもう何回も軽くイくのを積み重ねて十分満足と見たのか、最後にもう1度うつ伏せ寝バックで。体位を変えるごとにCの体の各部位の、美しい「見どころ」が代わる代わる披露され、私の頭はもう、彼とCの肉体どっちをメインに鑑賞しているのか、男の目と女の目どっちで自分がそのセックスに感情移入しているのか、情報の飽和状態からくらくらするようだった。



腕立て伏せの姿勢になってうつ伏せ寝バックのクライマックスを強烈な連続する突きで終えた彼は、しばらくCの上に覆い被さったまま、何やら小声で言葉を交わし合っていたが、やがてCが正気付くと、ペニスを抜いて手早くコンドームをベッド脇のゴミ箱に捨てた。身を起こして座り姿勢になったCは、彼を手招きすると、まだ水平以上の角度を保ったままのペニスに軽い「お掃除フェラ」を振舞っていた。AVでとりあえず観たことがあった程度の私は、「Nもどう、一緒にお掃除?」といたずらっぽくCが声をかけてきたのに少し動揺したが、彼が「いや、嬉しいけどそれは遠慮しとくよ。また勃っちゃったら、ちょっと、時間がね...」と告げたのでそこまでとなった。意外なことに時刻はもう1時を回っていて、次の日も仕事という彼は、シャワーも浴びることなく自室へ帰っていったのだった。



明けて次の朝、私はCから、彼と連絡先を交換しなかったと聞いてかなり驚いた。私もCも、また彼のほうでも、当然「次」の機会を期待しているものと思い込んでいたのだ。私の言葉に軽く非難・残念の気配を感じ取ってか、Cは微笑含みで事もなげに言うのだった。「N、けっこう彼のこと気に入ってた?それだとちょっと言いづらいけどさ... ぶっちゃけ、あの彼クラスだったらザラにいるから。よかったら『ザラ』じゃない人、今度紹介するから許して〜」後々考えるに、そういうことも全部この悪友Cの作戦だったのだと思う。そうであろうとなかろうと、私はCとのさらなる冒険の数々に乗り出すことになる。その甘美でスリル溢れる経験たちは現在の私を作り上げた大事な財産だ。





にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 
にほんブログ村 官能小説ランキング



PR

厳選 ごはんのおとも









PR

全記事表示リンク

カテゴリ

プロフィール

Author:thecollector

全記事表示リンク

最新記事

全記事表示リンク

コスチュームもamazonで

リンク

RSSリンクの表示

>