私がその男性の競泳用ビキニ姿に受けた衝撃。何と言ったらいいんでしょう ー 全裸よりもヌーディーな、みたいな。細かく割れた腹筋の終端がペニスの付け根の上ギリギリのビキニの中に、中央に細く集まるように収まっていて、その下には無理やり横向きになんとか収められている大きなペニス。後ろ姿を見れば、力こぶのように盛り上がった大臀筋がふたつの山を作ったみたいになって水着の谷間に隙間が空いて見えてしまいそう。男性の男性性が、セックスの象徴が、薄く小さい布地で申し訳程度に隠されただけでもろに「公衆の面前」に堂々とさらけ出されていることへの驚き。にもかかわらず、場内の女性陣は ー 私たち監視員・インストラクターのみならず、水泳教室のこどもたちのママさんたち、ごく少数の近隣の大学生・社会人の常連さんたちは、みんなこっそりと、もしくは仲間内で声を潜めてキャピつきながら、熱い視線を送っているのです。やがて私も知ることになるのですが、言ってみればこうしたことはスイマーの、水泳プールの「文化」みたいなものの一端なのでした。









にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ 
にほんブログ村 官能小説ランキング



PR

厳選 ごはんのおとも









PR

全記事表示リンク

カテゴリ

プロフィール

Author:thecollector

全記事表示リンク

最新記事

全記事表示リンク

コスチュームもamazonで

リンク

RSSリンクの表示

>